甲冑を飾る由来について|五月人形の人形師 原 孝洲

HOME | 雛人形 | 五月人形 | 盆提灯 | お正月飾り | English
  >   甲冑を飾る由来について

甲冑を飾る由来

甲冑を飾る由来について

五月人形と同様、「内飾り」一方の雄は「甲冑(かっちゅう)」です。
江戸時代後期に記された書によれば、さかのぼること鎌倉時代・蒙古襲来の折、その難を退けたのが五月五日で、その吉例を伝え鎧・兜を飾り始めたとのこと。

その月日の実否は重要ではなく、鎌倉時代以前より伝えられた、端午の節句の本義(男児誕生の祝いと無病息災)と武家政権の気風とが結びつき日本独自のお節句文化を創りだしたのです。

時代が下って江戸時代初期になると簡素な作りの張子の兜や、格調高い檜兜が登場し、金工・漆の技術発展に合わせてより高度な甲冑が飾られ、庶民の精神をたいへん豊かなものにしました。
その技術は今の世に伝えられながらも、現代のライフスタイルに合わせて進化を続けています。

人間の災厄を託し、我が子の身を守るため或いは出世を願う象徴として人形と同じく、遥か昔から飾られ続けた甲冑。
こうした愛情は、未来永劫揺るぎないものであり、甲冑を通じ慈しみの心をお子様へお伝えください。

このページのトップへ